新着情報

国会での活動

消毒用のアルコールを行き渡らせるために

 新型コロナウイルス対応のため、手指消毒用のアルコール液の供給が大変逼迫しています。

 そこで、全国の酒蔵の中で、高いアルコール度数のスピリッツを消毒用に供していけるように、との取り組みが始まっています。これを厚労省も手指消毒用として使うことを認めることとしました。

  残るハードルは酒税。これが「酒」としてかかると大変なコストになります。

 今日、私たち野党の「國酒プロジェクト推進議員連盟」のメンバーで、酒税がかからないようにするべきとの要請を、国税庁に対して行いました。

 このようなひとつひとつのことを提言し、実現していきたいと思います。
PAGE TOP