新着情報

国会での活動

日米貿易協定案の審議は、絶対に安倍総理出席のもとで

 今国会で与野党が対決するような重要法案のひとつは、間違いなく「日米貿易協定案」。

 米国との間の自由貿易協定案なので、日本国内には大きな影響を与えます。であればこそ、その審議が始まる際においては、安倍総理出席のもとでの重要広範議案という扱いであるべきです。

 ところが与党側は、なぜは安倍総理を国会に出してきたくない様子で、抵抗しています。

 これは 総理隠しではないか。

 特に、日本にとって重要な論点である、自動車に関する追加関税を避けられるかに関して、安倍総理とトランプ大統領との間での話で、追加関税はかけないとトランプ氏が了解したと安倍総理が言っているわけですから、これを説明できるのは安倍総理しかいません。

 そのようなことですから、なおさら安倍総理に答弁に出てきてもらわないと、政府として責任を持った答弁になりません。

 したがって、引き続き総理出席を求めていきたいと思います。
PAGE TOP