新着情報

佐賀での活動

「個人の土地だから」ではない災害対応を

懸念していたように、大雨が長期間続いている地元を含めた地域では、土砂災害が増えてきています。

地中が既に相当の水分を吸い込んでいるので、少しの雨量でも大規模な土砂崩れにつながっています。

写真は伊万里市の土砂災害現場ですが、土砂災害においては「個人の土地だから」ということで行政側がなかなか対応をとってくれない、という声が多く出ます。

その原則はそうですが、上の写真の事例のように、規模が大きく住民の命に関わるようなことが明らかな場合には、そしてそれが近年のように常識を超えた雨量でもたらされている場合には「個人の土地の問題だから」では済まされない場合があると思います。

災害救助・復旧の制度のあり方の改善も含めた、早急な対応をとっていかなければなりません。

PAGE TOP