ブログ

菅政権の農産品輸出増目標は農家所得増につながらない

今日は、JA伊万里の三組織(生産組合、女性部、青年部)の年頭式、そして有田商工会議所主催の賀詞交歓会でした。
JA伊万里においては、私が菅政権の農政に対して感じているところを述べさせて頂きました。
特に、菅政権は農政に対して、輸出を増やす、ということを前の安倍政権以上に強く主張しています。しかし、これは実は農家の所得を増やすということに全くつながっていません。
なぜか。これまでたびたび農水委員会質疑でも取り上げていますが、政府が主導している農産品等の輸出目標額は、海外から輸入した農産品等を国内で加工して、それを輸出するものが多く含まれているからです。いや多く含まれているといういうより、最近輸出が伸びているのは、むしろそのような加工品がメインなのです。
ですから国内農家の所得の増加にはつながっていません。私は輸出目標の算出の基準を変更するべきだと思っています。
菅総理はそんなこと全く理解せず、単純に輸出増加と、声高に叫んでいるのでしょう。非常に残念なことです。

PAGE TOP