ブログ

布マスクより、目の前の生活の支援を

 衆議院予算委員会で質疑に立ちました。新型コロナウイルス対応の補正予算案の審議です。


 まさに国難の時です。ひとつひとつの政策を、まっすぐに国民の方を向いて、間違いなく行っていかなければなりません。


 私は今日、布マスクの全国配布の問題を取り上げました。布マスク自体を否定するものではもちろんありません。しかしこれを今、466億円もかけて全世帯に配ることが最優先の政策でしょうか。


 私はそうは思いません。私からは、この466億円の執行を止めて、アルバイトが減って大学をやめなければならないかもと心配している学生さん達や、明日の生活がどうかるかと不安を感じていらっしゃる方々の支援にまわすことの方が、よほど優先するのではないかと、安倍総理に提案しました。


 私はそのような予算の使い道の見直しであれば、国民の皆さんはきっと理解して下さると思い、安倍総理に訴えました。


 しかし、安倍総理はこれを受け入れませんでした。残念です。これこそが政治決断が必要な場面なのに。

 この点、粘り強く訴えていきます。

PAGE TOP