ブログ

税収減と補正予算

今、政府においては来年度予算案の編成作業真っ只中です。そんな中、今年度の税収が予算で見込まれたレベルを大きく下回るのではないかという見方が出ています。


企業収益の悪化を受けて、3兆円程度の規模で下回るのではないかと。ここのところの企業収益の陰りを見れば、想定されることです。そうなると、補正予算案を組んで、国債を発行して穴埋めしなければなりません。


一方で、景気対策として大規模な経済対策、補正予算を打つべきだ、そのためには国債の発行もやむなしだという声も、与党側から高まってきました。


もちろん、大きな災害が多発した後ですから、そのための必要な財源を確保していくことの必要性はわかります。


しかし、大型補正予算を賄うための国債発行が、税収減による借金増という実態を見えにくくする側面はないだろうかと考えてしまいます。


どのような補正予算案がこれから出てくるのか注視したいと思います。その上で、その内容をしっかり分析して、国民の皆さんにわかりやすく国会論戦を展開できるようにしなければなりません。

PAGE TOP